薬剤師が解説 解熱鎮痛薬の違い

グルテンはホルモン分泌にも影響を与えている可能性があり、月経前症候群(PMS)を悪化させているのではないかといわれています。生理痛がつらいと鎮痛剤を飲むこともありますよね。

このような症状を緩和するためにもゆるグルテンフリーをご提案していますが、ひとたび痛みに襲われれば、グルテンの害が抜けてくる数週間待ちましょうとは言っていられません。痛くなり始めに鎮痛薬を飲んで、早めに炎症を抑えましょう。そして鎮痛薬を飲まなくて済む生活をゆっくりと目指していきましょう。

ドラックストアへ行くと、いろいろな鎮痛薬が並んでいますが、正直、何がどう違うのかわかりませんよね。痛みの状況に合わせて、どの鎮痛薬を選べばいいのか、成分は何がどう違うのかなどについて、薬剤師が解説します。

目的別おすすめの解熱鎮痛薬 新型コロナワクチン接種後の発熱にはどれ?

頭が痛くなってから、ドラックストアへ解熱鎮痛薬を買いに行くのはつらいです。自分の症状や目的にあわせて、必要なお薬は手元に置いておくことが大事です。

またドラックストアで店員さんに聞くと、タブレットを使ってお薬の説明はしてくれますが、あなたの症状に合うものを選んでくれるとは限りません。個人的な経験からいうと、値段の高い商品かドラックストアのプライベートブランドを勧めてきます。メーカーのウェブサイトを見ても、自社の製品がいかに素晴らしいか説明してあるだけで、比較はできません。

ここではみなさんがお薬を選ぶ際に参考にしてもらえるよう、代表的な解熱鎮痛薬について、解説します。なおいずれのメーカーとも利害関係はないので、念のため。

とにかく早くいろいろな痛みを抑えたい

ロキソニン

商品名:ロキソニンS、ロキソニンSプレミアム、ロキソニンSプラス
メーカー:第一三共ヘルスケア(第一三共の子会社)
主成分:ロキソプロフェン
分類:第1類医薬品

特徴

  • とにかく早くよく効きます
  • 頭痛、生理痛だけでなく、腰痛、筋肉痛、歯痛にも優れた効果があります。
  • 鎮痛作用は強いですが、解熱作用、抗炎症作用はやや弱い
  • 15歳未満は使用不可です。高齢者と妊婦も使用を避けたほうがよいです。
  • 他の薬を飲んでいる場合は、使えないことがあります
  • 発疹、かゆみ、胃部不快感など、副作用が多いです。
  • 副作用が強いお薬なので、薬剤師がいる店でないと買えません。
  • 新型コロナワクチン接種後の発熱にも使える(厚生労働省の見解)。
ひどい痛み、早く治したい痛みのために常備するのはよいと思います。ただ服用するときは注意してください。新型コロナワクチン接種後の発熱にも使えると厚生労働省はいっていますが、解熱作用がやや弱いこと、海外での使用実績が乏しいことなどから、アセトアミノフェンの方が無難でしょう。

頭痛、生理痛などの痛みを早く抑える

イブ

商品名:イブA錠、イブA錠EX、イブクイック頭痛薬、イブクイック頭痛薬DX
メーカー:エスエス製薬
主成分:イブプロフェン、アリルイソプロピルアセチル尿素
分類:指定第2類医薬品

リングルアイビー

製品名:リングルアイビー、リングルアイビーα200、リングルアイビー錠α200
メーカー:佐藤製薬
主成分:イブプロフェン(アリルイソプロピルアセチル尿素は入っていない)
分類:指定第2類医薬品

特徴

  • 痛みや発熱のもとになる物質が体内で作られるのを阻害することで、効果を発揮します。
  • イブプロフェンは子宮への移行性が高いため、生理痛に効果が高い
  • 痛みを和らげる、熱を下げる、炎症(くしゃみ、喉の腫れなど)を抑えるという作用が、ほぼ均等にあります
  • 主に女性の生理痛、頭痛に効果が高くなるように処方をしています。
  • アリルイソプロピルアセチル尿素には鎮静効果、痛みの感覚を抑える効果があります。
  • 新型コロナワクチン接種後の発熱にも使えます(厚生労働省の見解)。
生理痛など、定期的に起こる痛みに対応するため、常備するのはよいと思います。痛みがひどくなってから飲むより、痛みが起こりそうなときに前もって飲む方が効果的です。ただ月に10日以上服用するような場合は、お薬が効かなくなっているか、別の要因がある可能性があるので、そのまま飲み続けないで、医師の診断を受けるべきです。新型コロナワクチン接種後の発熱にも使えると厚生労働省はいっていますが、海外で実績のあるアセトアミノフェンの方が無難でしょう。

世界中で使われている解熱鎮痛薬

バファリン

製品名:バファリンA、バファリンライト
メーカー:ライオン
主成分:アスピリン(=アセチルサリチル酸)
分類:指定第2類医薬品

特徴

バファリンAとバファリンライトはアスピリンのみの配合ですが、バファリンの中にはイブプロフェンやロキソプロフェンナトリウムが配合された製品もあります。ここではアスピリンのみの製品について解説します。

  • 解熱鎮痛薬としては古いタイプのお薬です。日本で60年近く市販薬として使われてきた歴史があるほか、世界中で使われています。
  • イブプロフェンと同様、痛みや発熱のもとになる物質が体内で作られるのを阻害することで、効果を発揮します。
  • 痛みを和らげる、熱を下げる、炎症(くしゃみ、喉の腫れなど)を抑えるという作用が、ほぼ均等にあります
  • 胃に負担をかけない配合になっています。
  • 新型コロナワクチン接種後の発熱にも使えます(厚生労働省の見解)。
  • インフルエンザによる発熱には向いていません
バファリンAは解熱鎮痛薬をあまり使わない人が、急な頭痛、発熱に備えて常備する、という目的にはあっています。飛行機で常備しているのも、たいていバファリンです。ただ頭痛、生理痛が慢性的に起きる場合は、自分の症状にあった解熱鎮痛剤を選んだほうがよいでしょう。またバファリンブランの製品には、イブプロフェンやロキソプロフェンナトリウムが配合されたものもあるので、よく調べる必要があります。新型コロナワクチン接種後の発熱には、アセトアミノフェンの方がよいと思います。

古くからある一般的な処方の解熱鎮痛薬

セデス

製品名:新セデス錠、セデスV、セデスファースト
メーカー:シオノギヘルスケア(塩野義製薬の子会社)
主成分:アセトアミノフェン、エテンザミド、アリルイソプロピルアセチル尿素
分類:指定第2類医薬品

ノーシン

製品名:ノーシン、ノーシン錠、ノーシン「細粒」、ノーシンホワイト<細粒>、ノーシンホワイト錠
メーカー:アラクス
主成分:アセトアミノフェン、エテンザミド
分類:指定第2類医薬品

ナロン

製品名:ナロン錠
メーカー:大正製薬
主成分:アセトアミノフェン、エテンザミド、ブロモバレリル尿素
分類:指定第2類医薬品

特徴

  • ふつうの頭痛、生理痛、発熱に効きます。激しい頭痛には向きません
  • 胃にやさしい
  • 効果の異なる複数の成分を混ぜることで、長時間効くようにしています(いわゆるACE処方)。
  • 新型コロナワクチン接種後の発熱に向いています(アセトアミノフェンが含まれる)。
  • シリーズの中で成分・処方を細かく変えているので、買う方はわかりにくい。
どちらかというと、古いタイプの解熱鎮痛剤で、とりあえずなんにでも効くという感じです。セデスと名の付く製品が6種類以上、ノーシンと名の付く製品が9種類以上、ナロンと名の付く製品が9種類以上あり、処方が異なるので、自分の症状にあったものを選ぶ必要があります。繰り返し起きる症状の場合はいいですが、急な症状の場合、症状が出てから買いに行けないし、ドラッグストアに全部そろっているとは限りません。もし買い置きするなら、新セデス錠、ノーシン錠、ナロン錠がよいでしょう。でもひどい頭痛にはあまり効きません。また効くまでに若干時間がかかります

コロナワクチン接種後の解熱用に品薄状態

タイレノール

製品名:タイレノールA 20
メーカー:アリナミン製薬(旧武田薬品工業)
主成分:アセトアミノフェン
分類:第2類医薬品

特徴

  • アセトアミノフェンを主成分とするお薬です。
  • ほかの解熱鎮痛薬とは作用機序が異なり、副作用が少なく、効果がおだやかです。
  • 子どもにも使えます
  • 鎮痛作用は弱いので、鎮痛薬としてより、解熱薬として使われることが多いです。
  • インフルエンザによる発熱には、このお薬が使われます(他の解熱鎮痛薬は不可)
  • 空腹時にも飲んでも胃を荒らしません。
  • 処方薬「カロナール」と同じ成分です。
  • 値段は比較的安価です。
鎮痛薬としてよりも、解熱薬として使われます。急な発熱の場合、原因が何かわからないので、このお薬を飲んで様子をみてから受診するというのがよいかと思います。常備しておくべきお薬の一つです。

銭湯の桶に広告が出ている解熱鎮痛薬

ケロリン

製品名:ケロリン、ケロリンA錠
主成分:アスピリン(=アセチルサリチル酸)
メーカー:富山めぐみ製薬(旧内外製薬)
分類:指定第2類医薬品

特徴

  • バファリンA錠と同様、アスピリンを主成分とする古くからあるタイプの解熱鎮痛薬です。
  • 痛みや発熱のもとになる物質が体内で作られるのを阻害することで、効果を発揮します。
  • 痛みを和らげる、熱を下げる、炎症(くしゃみ、喉の腫れなど)を抑えるという作用が、ほぼ均等にあります
  • アスピリンは解熱鎮痛効果は高いのですが、胃痛を引き起こします。これを防ぐためケロリンは生薬のケイヒを使っています(バファリンは緩衝制酸剤を使用)。
古いタイプの解熱鎮痛薬で特にお勧めする要素はありません。

余談
ケロリンの名前の入ったプラスチック製の桶は全国の銭湯、温泉などにあり、現在も年4~5万個のペースで納入が続いているんだそうです。

解熱鎮痛薬の成分と作用

いろいろな解熱鎮痛薬を主成分によって整理しました。

ロキソプロフェン

特徴

  • 痛みや発熱のもとなる物質の合成を抑える。
  • 鎮痛作用が特に強い。解熱、抗炎症作用もある。
  • 胃に影響を与えない。
  • 15歳未満は使用不可です。高齢者と妊婦も使用を避けたほうがよいです。
  • 他の薬を飲んでいる場合は、使えないことがあります。
  • 発疹、かゆみ、胃部不快感など、副作用が多いです。
  • もともと処方薬だったが、2011年に一般用医薬品になった。第1類医薬品なので薬剤師がいる店でしか購入できない
製品例
・ロキソニンS、ロキソニンSプレミアム、ロキソニンSプラス(第一三共ヘルスケア)
・バファリンEX(ライオン)
・ナロンLoxy(大正製薬)

イブプロフェン

特徴

  • 痛みや発熱のもとになる物質が体内で作られるのを阻害することで、効果を発揮します。
  • 鎮痛作用、解熱作用、抗炎症作用がほぼ均等にあります。
  • 子宮への移行性が高いため、生理痛に効果が高い
製品例
・イブA錠、イブA錠EX、イブクイック頭痛薬、イブクイック頭痛薬DX(エスエス製薬)
(アリルイソプロピルアセチル尿素も入っている)
・リングルアイビー、リングルアイビーα200、リングルアイビー錠α200(佐藤製薬)
(アリルイソプロピルアセチル尿素は入っていない)
・ナロンエースT、ナロンエースR(大正製薬)
(エテンザミド、ブロモバレリル尿素も入っている)

アスピリン(アセチルサリチル酸)

特徴

  • 痛みや発熱のもとになる物質が体内で作られるのを阻害することで、効果を発揮します。
  • 鎮痛作用、解熱作用、抗炎症作用がほぼ均等にあります。
  • そのままでは胃痛を起こすため、胃を保護する成分が配合されています。
  • 解熱鎮痛薬としては古いタイプのお薬。解熱鎮痛薬をあまり使わない人が、急な頭痛、発熱に備えて常備しておくのに向いている。
製品例
・バファリンA、バファリンライト(ライオン)
・ケロリン、ケロリンA錠(富山めぐみ製薬)

アセトアミノフェン

特徴

  • ほかの解熱鎮痛薬とは作用機序が異なり、副作用が少なく、効果がおだやかです。
  • 子どもや妊婦の方も使えます
  • 鎮痛作用は弱いので、鎮痛薬としてより、解熱薬として使われることとが多いです。
  • インフルエンザによる発熱には、このお薬が使われます(他の解熱鎮痛薬は不可)。
  • 新型コロナウイルスワクチン接種後の発熱にも向いています
  • 空腹時にも飲んでも胃を荒らしません
製品例
・タイレノールA 20(アリナミン製薬)
・バファリンルナJ、小児用バファリンCII、小児用バファリンチュアブル(ライオン)

ACE処方(アセトアミノフェン+カフェイン+エテンザミド)

特徴

  • 効果の異なる複数の成分を混ぜることで、長時間効くようにしています。
  • ふつうの頭痛、生理痛、発熱に効きます。激しい頭痛には向きません。
  • 胃にやさしい。
  • エテンザミドは痛みのもととなる物質の生成を抑えるとともに、中枢神経に働きかけることで、鎮痛、解熱作用を発揮します。エテンザミドは他の成分と一緒に使われます。
製品例
・新セデス錠、セデスV、セデスファースト(シオノギヘルスケア)
・ノーシン、ノーシン錠、ノーシン「細粒」、ノーシンホワイト<細粒>、ノーシンホワイト錠(アラクス)
・ナロン錠(大正製薬)
主成分:アセトアミノフェン、エテンザミド、ブロモバレリル尿素

いろいろな頭痛と原因

頭痛は一次性頭痛と二次性頭痛に大きく分けられます

二次性頭痛は何らかの病気が原因であらわれる頭痛なので、鎮痛薬を飲んで抑えるのではなく、原因となっている病気の治療が必要です。

ここでは、鎮痛薬で対処することが多い一次性頭痛について、説明します。できれば原因や引き金となることを回避すべきですが、どうにもならない場合は、躊躇せず、早めに症状に合った解熱鎮痛薬を飲むのがよいと思います。

緊張型頭痛 ジワジワ締め付けられるような痛み

頭痛の中で最も多いタイプで、後頭部、こめかみ、額にジワジワ締めつけられるような痛みや圧迫感が生じます。次のようなものが原因といわれています。

  • 精神的、肉体的なストレス
  • 眼精疲労
  • 長時間同じ姿勢でいる
  • 運動不足
  • 頭、首、肩の筋肉の緊張による血行不良

長時間、スマホやパソコンを操作していると、長時間同じ姿勢でいて、しかも眼が疲れるので、この緊張型頭痛になります。人にもよりますが、痛みの強さは軽度から中程度で、日常生活に支障が出ることはありません。

肩や首を温めて筋肉の緊張をほぐすことで、予防することができます

片頭痛 ズキズキと脈打つような痛み

脳に血液を送る血管が拡張し、血管の回りの神経を刺激することで起きます。

女性の方が男性よりも3倍多いといわれており、生理周期にも関係していることから、女性ホルモンの影響で血管が拡張するのではないかと考えられています。女性の場合、排卵期や月経直前~月経初日に起きやすいといわれています。

引き金となる要因にはようなものがあります。

  • ストレス、疲労
  • 不規則な睡眠
  • 空腹
  • 雨、曇り、台風にともなう気圧の低下
    (気圧が下がると血液の体積が増えるため、血管の回りの神経を刺激することになる)

このタイプの頭痛では、強い吐き気が起き、光や音に過敏になることが多いです。

群発頭痛 えぐられるような激しい痛みが頭の片側に起こる

左右どちらかの目の周囲からこめかみの部分が激しく痛くなり、目が充血して涙が出るほか、鼻水、鼻づまりなどの炎症症状を伴うこともあります。

睡眠中に起こることも多く、激痛で目が覚めてしまいます。痛みは1日に何度も繰り返して起こり、数日から数か月間続きます。痛みの程度は中程度~重度です。

痛みが発生するメカニズムはよくわかっていませんが、目の奥の動脈の拡張が原因でうっ血や炎症が起こるという説や、三叉神経の活動が過敏になることによって起こるとう説などがあります。体内時計が関係しているともいわれています。引き金になる要因としては、

  • 飲酒
    アルコールは代謝されるとアルデヒドに変わるが、血中のアルデヒド濃度が増加すると、一時的に血管を広げる。
  • 血管拡張薬の服用
    狭心症の治療のために使われるお薬です。
  • 気圧の低下
    血液の体積が増えるため、脳内の血管を拡張させます。
  • 喫煙
    ニコチンによって心拍数、拍出量が増加し、血圧が上昇するため、血管が拡張される。

まとめ

  • 解熱鎮痛薬にはいろいろなタイプのものがあるので、適当に購入するのではなく、使用目的に応じてうまく使い分けるのがよい。
  • 一次性頭痛にならないようにするためには、できるだけ原因、引き金になることを避けるようにする。しかし本人の力ではどうにもならない場合もあるので、早めに解熱鎮痛薬を飲んで、対応することが望ましい。

グルテンフリー食品まとめ

小麦粉を置き換えるには、グルテンの役割をカバーするための知識や技術が必要です。メーカーさんの工夫によって製造されている、おすすめのグルテンフリー食材をカテゴリー別にご紹介!