わたしたちについて

メッセージ

あなたの体調不良の原因は、小麦に含まれるグルテンが原因かもしれません。

慢性的な腹痛、腹部膨満感、便秘、下痢に悩んでいませんか。お薬を飲むと一時的によくなるけど、また元に戻る、そんなことを繰り返していませんか、もしあなたがグルテンに合わない体質なら、グルテンを摂るのを控えることで、これらの症状から解放されるかもしれません。このほか、肌荒れ、吹き出物、体のだるさや、PMS、頭痛にも、グルテンが関係していることがわかってきました。

グルテンフリー生活であなたを笑顔に!

まずは自分がグルテンに合わない体質なのかを、確かめましょう。2週間から1か月、グルテンを全く摂らない食生活を続け、体調の変化を記録してください。もしこれまで悩んでいた症状が緩和されたら、あなたはグルテンに合わない体質の人かもしれません。アメリカでは16人に1人はグルテンに合わない体質の人で、うち5人に1人はグルテンを完全に避けた食生活を送る必要がありますが、残りの4人は体調に合わせてグルテンとうまく付き合っていけばいい人たちです。とにかく自分がグルテンに合わない体質かどうかを見極め、グルテンフリーの生活をすることで、あなたの人生は笑顔に満ちたものになるはずです。

薬のエキスパートとして、薬を飲まずに済む方法を提案したい

病気を治すためにお薬を飲むというのは、正しいことです。一方で、何かを食べなかったら症状は緩和するのに、それを止めずに食べ続け、症状を抑えるためにお薬を飲むというのは、正しいやりかたではありません。グルテンに合わない体質の人が16人に1人いて、グルテンフリーが国民に浸透しているアメリカでさえ、自分がグルテン過敏症であることに気づいていないケースがたくさんあります。日本ではグルテンフリーということばは知っていても、ダイエット方法の一つだと思っている人も多いと思います。科学的なエビデンスに基づいた情報を発信することで、グルテンフリーの正しい概念を日本に定着させたいと思っています。

グルテンフリーを容易にチョイスできる日本に

アレルギー7品目の「小麦」を含まないこととグルテンフリーは意味が違います。原材料に小麦が使われていても、食べても差し支えない食材はたくさんあります。何は食べても大丈夫なのか、何は避けるべきないのか、を、理由をつけてきちんと説明します。一方で、グルテンフリーの食材を入手しようとすると、なかなか手に入らなかったり、高かったり、苦労して手に入れてもおいしくなかったりします。あなたがそのような試行錯誤をしなくてよいように、グルテンフリーの食生活を送るために必要な情報を整理して発信してきます。

株式会社エンパシード
代表取締役 博士(工学)、認定薬剤師       平田 悟史

認定薬剤師カード

会社概要

株式会社エンパシード
社名のEmpacedeは、Empathy(共感)とPrecede(先行する)の造語です。
あなたの悩みに共感しそれを解決するとともに、グルテンフリーに関する正しい情報をどこよりも早く伝えたいという想いから、名付けられました。

2020年6月創立
所在地 〒305-0074 茨城県つくば市高野台2-4-3-602