グルテンフリーのウソ?ホント! 間違った情報に注意

世の中には、さまざまな情報があふれています。グルテンフリーに関する情報もたくさんありますが、間違った情報も結構あります。

また飲食店では、スタッフさんがグルテンフリーについてあまりご存じないというケースも見受けられます。日本にはグルテンフリーと表示するにあたってのルールが存在しないので、仕方がないといえばそれまでですが。ここでは誤解されていることが多い情報について、薬剤師が解説していきます。

小麦が入っていなければグルテンフリー

間違い

最近レストランのメニューに、グルテンフリー(Gluten Free)と書いてあるのを見かけるようになりました。インバウンド需要を見越して、グルテンフリーメニューを用意する飲食店も増えました。

ところがあるレストランで「押麦のリゾット」を、「これはグルテンフリーメニューです」といわれたことがあります。

押麦は大麦を調理しやすくするためローラーなどで押しつぶしたもので、白米に比べて糖質が少なく、食物繊維が多いということで、ヘルシーフードとして人気です。でも大麦はグルテンが含まれる穀物です。

大麦は、そのまま食べる以外にも、麺(もち麦麺)、シリアル、ビールなど、身近な食品に使われていますが、入っているかどうかは、原材料表示を見なければわかりません。レストランで提供する料理には、原材料表示がないので、お店の人の情報だけが頼りです。

大麦のほかに、ライ麦も、グルテン含有穀物です。日本でライ麦が使われている食品としては、ライ麦パンとシリアルくらいでしょう。ライ麦パンについて紹介したサイトに次のような一文がありました。

小麦粉の使用分量が少ないために、グルテンの摂取量も少なくできます。

小麦粉を減らしても、ライ麦を使ったら変わらないと思うのですが…。

 

整理しましょう。

グルテンが入っている穀物は、小麦、大麦、ライ麦とその交雑種です。交雑種とは、その穀物と別の穀物が掛け合わされてできた穀物で、例えばライ小麦というのがあります。

これらの穀物が全く使われていないか、使われている場合は、食品中に含まれるグルテンの濃度が20ppm以下(アメリカは未満)の場合、グルテンフリーと表示することができます。

なお、EU、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドのルールでは、オーツ麦もグルテン含有穀物に含まれていますが、アメリカFDAのルールでは、オーツ麦は対象外です。

実は、オーツ麦には、グルテンは含まれていません

では、どうしてオーツ麦を対象にしている国があるかというと、オーツ麦の加工・流通の過程で、グルテン含有穀物が混入する可能性を排除できないからだそうです。

スペルト小麦はグルテンの量が少ない

間違い

全く間違った情報ですが、これは結構広まっています。情報源を探してみましたが、わかりませんでした。ネット情報は、他の人が書いた文章をコピペしていることが多いので、最初に書いた人が間違っていても、それに気づかずに、どんどん広まってしまのですね。

スペルト小麦は、現在の小麦が品種改良されて生まれる前の古代小麦の一種で、ドイツや東欧の一部で栽培されています。昨今の健康ブームで注目され、需要が伸びているそうです。日本でも手に入れることができますが、通常の小麦より値段はかなり高いです。

ヨーロッパでは、スペルト小麦に関する研究論文がたくさん出ています。

なぜ研究されているのかというと、安い普通小麦をスペルト小麦と偽って売る業者が現れたため、スペルト小麦と普通小麦を見分ける方法を研究しているのです。日本でも、安いコメをコシヒカリと偽って、売っていたことがありましたね。

いくつかある論文の中で、2018年にベルギーの農業研究所の研究者が書いた論文の内容を紹介しましょう1)。195の普通小麦品種と240のスペルト品種について、グルテンの含有量(厳密には、セリアック病のモロクロナール抗体への反応性)を調べています。

結論は、普通小麦とスペルト小麦で、グルテン含有量には差はなかったばかりか、最も多くグルテンを含んでいた品種は、スペルト小麦のひとつであったこともわかりました

あるサイトにこんな文章が載っていました。

グルテンフリーに朗報!グルテンレスなスペルト小麦。グルテンアレルギーが発症しにくいと言われる注目の食品です!

Gluten Less、グルテンがない?でしょうか。聞いたことがない言葉です…。

どこの国のグルテンフリーの表示ルールにも、スペルト小麦はグルテン含有穀物として明記されています。

スペルト小麦粉を使ってパンをつくると、ちゃんと膨らみます。これはグルテンが入っている何よりの証拠です。

関連記事

グルテンとは グルテンはたんぱく質、どんな特徴があるのか グルテンは小麦、大麦、ライ麦に含まれるたんぱく質です。 グルテンに水分を加えてこねると粘り気のある状態に変わります。そのためパン粉に水を加えてこねると粘り気が出て、イースト[…]

穀物

グルテンフリーには全粒粉パンがおすすめ

間違い

小麦粉は小麦の胚乳の部分を粉にしたものですが、全粒粉というのは、小麦の表皮、胚芽、胚乳すべてを粉にしたものです。色も小麦粉に比べると、茶色味かかっています。小麦粉と比べて食物繊維、鉄分、ビタミンB1を多く含んでいるため、健康食として人気があります。ネット上のある記事に、

全粒粉は一般的な小麦粉よりグルテンが少ない、グルテンフリーには全粒粉パンがおすすめ

と書かれていましたが、これは間違いというより、真逆です。

100gあたりのエネルギー量とたんぱく質量

エネルギー(kcal) たんぱく質(g)
小麦粉/強力粉1等 337 11.8
小麦粉/強力粉・全粒粉 320 12.8
小麦粉/中力粉1等 337 9.0
小麦粉/薄力粉1等 349 8.9

日本食品標準成分表2020年版(八訂)から抜粋

根拠をお示ししましょう。

日本標準食品分析表によると、パンの原料となる全粒粉の強力粉は、ふつうの強力粉と比べて、たんぱく質を多く含んでいます。たんぱく質は胚乳、胚芽、表皮すべての部分に含まれていますが、特に胚芽に多く含まれるため、小麦まるごと全部を粉にした全粒粉は、胚乳だけを粉にしたふつうの小麦粉に比べて、たんぱく質を多く含んでいます。

小麦の場合、たんぱく質の約85%がグルテンなので、全粒粉はふつうの小麦粉より多くのグルテンを含んでいます

グルテンフリーにはふすまがおすすめ

間違い

ふすまとは、小麦の表皮のことです。確かに小麦ふすまに入っているたんぱく質の量は、胚芽や胚乳と比べると少ないですが、グルテンフリーではありません

ふすまというのは、お米でいうと「ぬか」に相当する部分で、ほとんどが家畜のエサとして使われています。最近、食物繊維が豊富ということで、高い値段で売られていますが、おいしくありません。そもそも小麦ふすまは小麦粉の代わりにはなりません。

この情報は、「おすすめ」と言っているだけで、グルテンフリーとは言っていないのですが、読んだ人は、小麦ふすまにはグルテンが入っていない、と勘違いする可能性もあります。特に「おすすめ」する理由は見当たりません。

米粉パンはグルテンフリー

ほぼ間違い

グルテンフリーにするなら、パンの代わりに米粉パンを食べたらいいと、よくいわれます。でもほとんどの米粉パンにはグルテンが入っているのをご存じでしょうか。

米粉パンには3種類あります。

  1. 小麦粉に米粉を加えることで、もちっとした食感を生み出したパン
  2. 米粉だけで作られたパン(ただし、グルテンを加えている)
  3. 米粉だけ、あるいは他のでん粉も加えて、グルテンを加えずに作られたパン

このうち、グルテンフリーのパンは、③だけです。しかも、なかなかお目にかかることができません。

パンは小麦粉の中でも、グルテンを多く含む強力粉を使って作られます。それはパンが発酵するとき、グルテンがあるおかげで、きめの細かい気泡が作られ、ふっくらとしたパンになるからです。グルテンの少ない薄力粉で作ったパンと比較すると、一目瞭然です。

米粉にはグルテンは入っていませんので、米粉だけではパンはうまく膨れません。パンを作る際に米粉8に対してグルテン2を加えています。農林水産省が作った米粉の用途別基準3)によると、パン用として売られている米粉には、グルテンが18~20%添加されています。グルテンを添加した米粉と、添加しない米粉で作ったパンを比較すると、グルテンが入っていない米粉パン(写真左)は、パンが膨れていません。

このように、米粉だけでは、小麦のパンのようなふっくらしたパンを作ることが難しいのです。また米粉は小麦粉よりも値段が高いため、米粉パンは原材料費が高くなります。

さらに小麦アレルギーの人が食べられる米粉パンを作るためには、小麦やグルテンを扱う厨房と、米粉を扱う厨房を完全に分けなければなりません。グルテンフリーの米粉パンは、このような困難を乗り越えて作らなければならないので、作っているパン屋さんも少なくなるわけです。

ところでパン屋さんの店頭で販売されるパンには、原材料表示、アレルギー表示が義務付けられていません。米粉パンと書かれていても、①、②、③のどれなのか、見分けがつきません。グルテンフリーだと思って米粉パンを買ったら、グルテンが入っていた、なんてこともよくあります。買う側がすぐに見分けがつくような表示があればよいと思います。

グルテンフリー米粉よりノングルテン米粉の方がよい

意味はありません

米粉パンの話をしたので、ノングルテン米粉についても触れておきましょう。

ノングルテン米粉は、農林水産省が「米粉製品の普及のための表示に関するガイドライン」1) で公表したもので、グルテン含有量が1ppm以下の米粉です。グルテンの分析に使う試薬もガイドラインで指定されており、第三者機関に申請し、認証を受けて初めて、ノングルテンという表示とロゴマークの使用ができます。認定を受けるには、最初の2年間で25万円ほどかかります。日本には米粉を販売している会社が70社ありますが3) 、ノングルテンの認証を受けた米粉はわずか3社です。

一方、米粉は菓子・料理用(用途表記:1番)、パン用(同:2番)、麺用(同:3番)に分けて販売されており、通常、パン用と麺用にはグルテンを18~20%程度添加していますが、菓子・料理用にはグルテンは添加されていません。菓子・料理用の米粉の中には、自主的にグルテンフリーと表示しているものもあります。

日本には、グルテンフリーと表示するにあたってのルールはありませんが、国際機関であるコーデックス委員会の規格や、アメリカの規則に基づくならば、グルテン含有量が20ppm以下の米粉、ということになります。

ノングルテンの米粉とグルテンフリーの米粉は、何が違うのでしょうか。

利用する側からすれば、何も違わないと思います。

でも、グルテンフリーの米粉だと、業者が自主的に表示しているのだから、グルテンが入っている可能性があるのでは、という心配の声が聞こえてきそうです。

心配はいりません。もし小麦由来のたんぱく質が数ppm以上含まれている場合は、食品表示法でアレルゲンとして「小麦」と表示しなければなりません4)。アレルギー表示欄に「小麦」と書かれている米粉なんて、見たことありませんよね。

輸入小麦の残留農薬が心配だからグルテンフリーにする

なんとも言えません

農薬が人間の体によいわけがありません。一部の食品添加物も同様です。できるだけ体の中に入れないようにすべきです。とくにアレルギーやアトピーのお子さんをお持ちの場合、細心の注意を払って食材を選んでおられることと思います。

輸入小麦のほとんどは、化学肥料と農薬を使って栽培されています。一部は収穫前に、プレハーベスト農薬といって、小麦を枯らしてから収穫しています。また輸出用の小麦は、輸送・保管中に病害虫による損傷を受けないようにするため、収穫したあとにポストハーベスト農薬を使用することが認められています。

関連記事

ポストハーベスト農薬は農産物の収穫後に使うもので、輸入フルーツに使われる防カビ剤と、輸入穀物に使われる防虫剤があります。 輸入農産物は収穫してから店頭に並ぶまで時間がかかるため、品質の低下やカビの発生を防ぐ必要があります。農薬という名[…]

農林水産省では、小麦を含めた輸入穀物の残留農薬を検査して、その結果を公表しています5)。令和元年度は食品衛生法および飼料安全法に基づく規制値、基準値を超えたものはなかったとのことです。しかし、この規制値、基準値そのものに対して疑問を感じている人もいると思います。そうなると、輸入小麦を食べないようにするしかありません。

小麦の86%は輸入なので、小麦を使ったものをできるだけ食べないようにするというのは、ひとつの選択だと思います。ただグルテンフリーにするのではなくて、輸入小麦を使った食品は買わない、食べないというのが、正確な表現だと思います。グルテンフリーというと、調味料にわずかに含まれる小麦成分も摂らないのか、ということになってしまいます。

一方で、わたしたちの身の回りにある野菜や穀物で、化学肥料や農薬を使わずに育てられたものなど、ほとんどありません。またスーパーやコンビニで売っている食品の大半には、何らかの食品添加物が使われています。でも、忙しい毎日の中で、有機食材を購入して、すべての食事を手作りするのはなかなか大変です。限られた時間とお金の中で、何を避け、何を許容するのかは、難しいことです。この問題については、別の機会に考えてみたいと思います。


参考文献
1) E. Escarnot, et.al., Reactivity of gluten proteins from spelt and bread wheat accessions towards A1 and G12 antibodies in the framework of celiac disease, Food Chemistry 268, 522-532 (2018)
2) 米粉の用途別基準、米粉製品の普及のための表示に関するガイドライン、農林水産省(2017)
https://www.maff.go.jp/j/seisan/keikaku/komeko/attach/pdf/index-56.pdf
3) 米粉販売事業者一覧、農林水産省
https://www.maff.go.jp/j/seisan/keikaku/komeko/attach/pdf/index-77.pdf
4) アレルゲンを含む食品に関する表示、消費者庁
https://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/food_labeling_act/pdf/food_labeling_act_190507_0005.pdf
5) 輸入米麦のかび毒、重金属及び残留農薬等の分析結果、小麦(食用)輸入時の検査、農林水産省
https://www.maff.go.jp/j/seisan/boeki/beibaku_anzen/attach/pdf/bunsekikekka-134.pdf

グルテンフリー食品まとめ

小麦粉を置き換えるには、グルテンの役割をカバーするための知識や技術が必要です。メーカーさんの工夫によって製造されている、おすすめのグルテンフリー食材をカテゴリー別にご紹介!