アレルギー体質とグルテンには関係があるか?

花粉症はいまや、日本人の2人に1人いるってご存じでしたか?

あれっちょっと前まで、5人に1人とか、3人に1人って言ってなかったっけ!?

3人に1人は20年くらい前の話で、その後もどんどん増え続け、いまや半分の人は花粉症なんですね。そういう筆者も花粉症です。花粉症になったということは、アレルギー素因を体質的に持っている、ということになります。

このことって、グルテンが体質的に合わないことと関係しているんでしょうか?ちょっと気になったので、筆者のアレルギー遍歴?を振り返りつつ、探ってみます!

花粉症の発症は中学生のとき

今でもよく覚えているのですが、本当にある日突然花粉症を発症しました

中学のときに外で部活動をしていたら、どういうわけか涙と鼻水が止まらない!昨日まで、というかさっきの授業までなんともなかったのに!

あまりの顔面を見た先生が、病院に行っておいでと言ってくれ、検査をすると花粉症でした。しかもかなり色々な植物に反応があったのを覚えています。

花粉症になるときは、コップから水がこぼれるように許容量を超えた瞬間なんだよ。人からそう聞いたとき、自分のはコップじゃなくて、おちょこだったんだなぁ、と思いました。中学生て……これから先が長いなぁと途方に暮れたのでした。

アレルギーの発症は、特定のアレルゲンがコップの水があふれるように、その人の体の許容量を超えてしまったとき、症状が起きるという考え方。

花粉症の人が発症する食物アレルギーがある?

成長するにつれ、まわりに花粉症仲間がどんどん増え、春先のマスクも市民権を得たように感じ始めたころ、花粉・⾷物アレルギー症候群の存在を知りました。

こちらは当サイトの薬剤師のHirataに説明してもらいましょう。

Hirata
花粉症は植物の花粉に含まれるたんぱく質が原因で起こるアレルギー反応ですが、このたんぱく質と構造が似た別のたんぱく質にアレルギー反応を示すことがあり、これを交差反応といいます。
花粉症の人が、果物や野菜に含まれるたんぱく質によって交差反応を起こす病気を、花粉・食物アレルギー症候群(PFAS:Pollen-Food Allergy Syndrome)といいます。これは食物アレルギーの一種です。

数年前に花粉症の薬をもらいに行った病院で、検査を行いました。

特に花粉症の症状が出ると自覚しているのが、スギ、ヒノキ、ブタクサです。
これらの植物の交差反応は、

トマト、メロン、スイカ、きゅうり、ズッキーニ、セロリ、にんじん、じゃがいも、キウイ、オレンジ、ピーナッツ、バナナ

あたりに出るそうです。結果はこれらの食物アレルギーはありませんでした。

が、しかし!

これらのリストを見て思いました。子どものころから、メロン、スイカ、きゅうりが苦手なのです。

理由は、「食べると喉の奥がピリピリするから」

友だちに「メロンって何でピリピリするんだろうね~」と言ったら、「は?」と返され、しょぼくれた記憶がよみがえります。メロンがそういう食べ物だったのではなく、自身の感覚だったんですね。

この症状は、口腔アレルギー症候群(OAS:Oral Allergy Syndorome)と言います。

Hirata
口腔アレルギー症候群とは食物アレルギーのタイプの一つで、原因となる食物を食べた直後から30分以内に、口の中、唇、喉にかゆみやイガイガした感じが生じ、唇が腫れたり、喉が圧迫されたような感じがする場合があります。このタイプの食物アレルギーは、花粉・食物アレルギー症候群(PFAS)の症状として起こることが多いといわれています。

つまり、筆者はこのままメロンをたくさん食べ続けた場合、メロンアレルギーを発症する可能性があるということでしょうか。

hirata
ウリ科植物ですでにOASの症状が出ているので、そうでない人と比べると、食物アレルギーになる可能性は間違いなく高いです。ただ、なるかどうかはわかりません。もう一つ、大人になって発症する食物アレルギーは、寛解※しにくいといわれています。 ※アレルギー症状が軽くなること

小児アトピー性皮膚炎は治るも朝はパン♪な生活

花粉症より以前のアレルギー素因をさぐると、小児アトピー性皮膚炎だったことがあげられます。小学校低学年くらいまで、ひじやひざの裏側に湿疹がでていました。

当時の食生活はもちろんグルテンフリーではなく、朝食には毎日食パンにマーガリンやジャムを付けて食べていました。筆者はもともとごはん党ではなくパン党でした。めん類も、そばよりうどん、パスタの方が好きで、お菓子も大福よりクッキーでした。

子どもの味覚としてはごく平凡なものだと思いますが、7年前にゆるグルテンフリー生活を始めるまで好物に小麦が多めだったことは否定できません……。

そして、セリアック病非セリアックグルテン過敏症といったグルテンが原因の病気にかかっている人には、アトピー性皮膚炎の人が多く、グルテンとアトピー性皮膚炎には、何らかの関係があるといわれています

グルテンの全身への影響は当サイトでご紹介しているとおりですので、やはり口に入れるものへの興味はしっかりと持つべきですね。

関連記事

乳幼児の2~3割、成人でも1割程度の人がアトピー性皮膚炎といわれています。 原因は不明で、遺伝的素因、免疫の異常、皮膚バリアの障害、環境が複雑に関与して発症するといわれています。食べものには、症状を重くするものと軽くするものがあり、ア[…]

関連記事

お腹の調子がいつも悪い、グルテンと腹痛・下痢・便秘 グルテンに合わない体質 わたし昔からおなかが弱くて。食事のあとおなかが痛くなったり、おなかがゴロゴロしたりするんです。ひどいときは薬を飲んでいますけど、体質だと思ってあきらめて[…]

まとめ

  • いま日本では2人に1人が花粉症。花粉症の人は交差反応で、他の野菜や果物に対しアレルギー反応を示すようになる可能性がある。これを花粉・食物アレルギー症候群という。
  • 花粉・⾷物アレルギー症候群の症状として口腔アレルギー症候群があり、原因となる食物を食べて30分以内に、口の中、唇、喉にかゆみやイガイガした感じが生じ、唇が腫れたり、喉が圧迫されたような感じがする
  • 苦手な食べ物は、単なるわがままではなく、アレルギー反応による違和感の場合もある。幼いこどもの場合、不快な症状を好き嫌いでしか表現できない可能性もある。
  • 現在アレルギーになっていないからといって、摂取を続けると、アレルゲンがコップの水があふれるように体の許容量を超えてしまい、アレルギー症状が起きる可能性がある。
  • セリアック病や非セリアックグルテン過敏症といったグルテンが原因の病気にかかっている人には、アトピー性皮膚炎の人が多く、グルテンはアトピー性皮膚炎と何らかの関係性があると考えられる

グルテンフリー食品まとめ

小麦粉を置き換えるには、グルテンの役割をカバーするための知識や技術が必要です。メーカーさんの工夫によって製造されている、おすすめのグルテンフリー食材をカテゴリー別にご紹介!