グルテンが合わない体質かセルフチェックしよう

グルテンがあなたの体に与える影響

グルテンフリー生活での食品選びのポイント

薬剤師が解説するどこよりも詳しいグルテンフリーガイド

グルテンフリーへのわたしたちの想い

ひとりひとり違う、ウェルビーイングな生き方。

それに合った、それぞれのグルテンとの付き合い方。

あなたの「ゆるグルテンフリー」がライフワークになり、もっと笑顔が増えますように。

わたしたちがお手伝いします。

グルテンフリーの意味

ほとんどの人がグルテンフリーということばを知っています。

でも、グルテンフリーの解釈は人によって違いがあるようです。

もともとグルテンフリーは、セリアック病の患者さんのための食事療法なのです。

そこへアスリートやセレブの健康法、ダイエット法、小麦アレルギーが食べられるものなど、さまざまな情報が加わって、複雑でわかりにくくなってしまいました。

 

では、グルテンフリーはセリアック病の人以外には、意味がないのでしょうか? そんなことはありません。

毎日を健康に過ごしたい、病気にかかりたくない、そんな人にとっても、グルテンフリーは有益なのです

小麦

あなたのお悩みの原因は、小麦に含まれるグルテンが原因かもしれません

慢性的な腹痛、腹部膨満感、便秘、下痢に悩んでいませんか。お薬を飲むと一時的によくなるけど、また元に戻る、そんなことを繰り返していませんか。

もしあなたがグルテンに合わない体質なら、グルテンを摂るのを控えることで、これらの症状から解放されるかもしれません。

このほか、肌荒れ、吹き出物、体のだるさや、PMSにも、グルテンが関係していることがわかってきたのです。

 

ただ、グルテンは非常に多くの食品に含まれるので、グルテンを完全に抜こうとすると、手間とコストがかかります。

またこれまで好きだったものが食べられなくなることで、ストレスを感じるかもしれません。

厳密なグルテンフリーは必要でしょうか

もちろん小麦アレルギーやセリアック病のように、医師からグルテンを含む食べものを摂らないように指示されている人は、医師の指示に従ってください。

一方で健康やダイエットが目的の人は、グルテンを厳密に抜く必要はありません

多くの場合、グルテンの害は摂取した量に比例します。苦労して微量のグルテンまで避けても、メリットはあまり変わらず、デメリットが大きくなるだけです。

スーパーマーケット

グルテンフリーに関する表示の意味を整理しましょう

グルテンフリー、Gluten-free

食品に含まれるグルテンの量が20ppm以下という意味です。これはセリアック病の人が食べても安全という意味の表示です。

アレルゲン表示「小麦」

日本において、一部の人にアレルギー反応を起こす小麦のたんぱく質が数ppm以上含まれているという意味です。小麦アレルギーの人が食品を選ぶ際の基準です。

 

一般的にセリアック病の人より小麦アレルギーの人の方が、より厳密に「小麦」を抜かなければなりません。

 

 

そして、小麦アレルギーのアレルゲンとなるたんぱく質は、小麦の中にグルテン以外にもあり、原因物質は人それぞれ違います。
また、グルテンは小麦以外の穀物にも含まれています

このように小麦アレルギーやセリアック病の場合は、グルテンだけ抜けばよい、小麦だけ抜けばよいということではありません。

 

では、より健康になりたい場合、どうしたらよいのでしょうか?

わたしたちが目指すグルテンフリー

わたしたちが目指すグルテンフリーライフでは、小麦アレルギーやセリアック病の人と同じレベルでグルテンフリーを行う必要はないと考えています。

手間と時間をかけず、グルテンの害を避けることが重要です。

わたしたちは、食品や食事を選択する際の新しい目安である「ゆるグルテンフリー」を提案することで、グルテンフリーのメリットを感じて、健康な毎日を過ごす人が一人でも増えることを願っています。