小麦の奴隷になってはいけません!? 習慣性に気を付けましょう

最近人気のパン屋さんに、「小麦の奴隷」というお店があるそうです。名玉商品のカレーパンがとてもおいしそうです。
ところでこのネーミング、センスがよくて感心してしまいました。インパクトがあり印象にも残りますし、小麦の特長もよく表現されています。

世の中には小麦を使った食べものがたくさんあり、どれもおいしく、値段が安く、手軽に食べることができます。でも小麦には、アルコールや麻薬と同じように脳に働き、快い感情を生むとともに、習慣性をもたらす成分が入っています量は少ないので、大量に食べない限り心配することはありません

ただ、もしパンやめん類が大好きで、食べられないとイライラしたり、満腹でも食べたいと思う場合は、注意してください。

小麦がうまい、安い、早いのには理由がある

「うまい、安い、早い」というのは、牛丼チェーン店のキャッチフレーズですが、これを地で行く食材があります。小麦です。

小麦はパン、めん類、粉ものはいうに及ばず、菓子類、飲料、調味料、加工食品など、ありとあらゆる食品に使われています。

小麦を使った食品は、どれもおいしいです。パン、うどん、ラーメン、パスタ、お好み焼き、ケーキ、クッキー、ビスケット。いずれも主原料は小麦粉です。小麦を使った食べもので、こどもが嫌いというものは、あまり思い聞いたことがありません。

しかも、誰もが気軽に買うことができる値段のものばかりです。最近、1斤1,000円くらいする高級食パンがブームですが、高くて全く手が出ないというほどではありません。めん類も比較的安いです。例えば外食することを考えたとき、定食やセットメニューを食べるより、うどん、ラーメン、バスタなどの方が、安い値段で満腹になります

そして、小麦を使った食品は、持ち運びがしやすく、保存性に優れ、すぐに食べられるものが多いです。パン、カップ麺、クッキー、ビスケットなど、どれも小麦が原料です。

小麦は品種改良を繰り返し、人類と長い歴史ともにある

人間と小麦との出会いはいまから2万3千年前にさかのぼります。700万年前にアフリカで誕生した人類は、野生動物の狩猟や木の実や草を採集することで、食料を得ていました。このような「狩猟採集社会」が長く続きましたが、穀物を育てて計画的に食料を生産することを始めました。「農耕社会」の始まりです。そのとき栽培されていたと考えられるのが、大麦、ライ麦、オーツ麦そして小麦なのです。

当時栽培されていた小麦は、アインコーンやエンマー(あわせて古代小麦とも呼ばれる)という品種で、いま私たちが食べている小麦の祖先にあたります1)

1~2世紀に最も発展した古代ローマ帝国では、エンマーをパンや粥にしたものが主食とされてきました。日本では弥生時代にあたり、お米が作られていた時期です。

その後もヨーロッパや中東では小麦が主食で、パンやパスタが発達するとともに、よりよい品種を開発して生産量を増やすための工夫が続けられてきました。人間はもともと小麦が好きだったわけではないと思いますが、栽培がしやすいこと、加工がしやすいこと、おいしいく栄養があることなどの条件が揃ったため、消費が拡大していきます。

そして1940年代から1960年代にかけて行われた「緑の革命」で、小麦の生産量は飛躍的に拡大しました。これは品種改良、化学肥料の大量投入、灌漑、農薬の使用などによって、単位面積当たりの穀物の生産量が大幅に増えたことをいいます。

緑の革命は小麦だけでなく、イネ、トウモロコシでも行われました。緑の革命で遺伝子操作が行われたため、これ以降の小麦品種がアレルギーやグルテンに関連する疾患を引き起こす原因になった、との意見もあるようですが、これは事実ではありません。ただ小麦の場合は、製パン特性に優れた品種が長年にわたって選抜されてきたという経緯があります。そのため結果として、グルテンを多く含む品種が増えたことは事実です。

このように、小麦をはじめとする穀物は、定住を基本とする農耕社会が始まるきっかけを作り、文明を発展させるための礎になり、そして経済発展と人口増加を支えるための食料を供給することで、人類の進歩とともに歩んできました。

小麦には習慣性があるため依存してしまう

話は少し変わりますが、おいしいパン、おいしいラーメンを食べると、また食べたくなります。これは悪いことではありません。でもそれが、小麦に含まれる化学物質が原因で起きているということをご存じでしょうか。

みなさん、「ドパミン」という名前を聞いたことがあると思います。「幸せホルモン」といっている人もいますが、ホルモンではなく、脳内の神経伝達物質の一つです。ドパミンの量が増えることで、「快い感情」が生まれ、「やる気」が出て、幸せな気分になれるため、幸せホルモンなどという名前をつけたのでしょう。でも「快い感情」というのは、それをまた得たいという気持ちが生まれることで、習慣につながります。

例えばお酒を飲むと気が大きくなって、ハッピーになるという人は多いと思います。これはアルコールを飲むことで、脳内のドパミン量が増え、「報酬系」と呼ばれる神経領域が活性化することが理由と考えられています2)

報酬系が活性化している間は、快い気分になりますが、アルコール濃度が下がると、脳内のドパミン量も下がり、元の状態に戻ります。ただ報酬系は「快い感情」になったことも、お酒を飲んだら、「快い感情」になることも、ちゃんと記憶しています。そしてまた、お酒を飲むという行動を起こさせます。

アルコール、麻薬、覚せい剤などの依存を形成する薬物の多くはドパミンを活発にする作用があり、報酬系が活性化するため「快い感情」にしてくれますが、それがなくなると、焦燥感や喪失感を感じて、また快い感情を得たいという気持ちを起こさせます。これがアルコール依存、麻薬依存のメカニズムなのです。

小麦が消化・吸収されて生じる物質の中には、脳に働き、ドパミンを出す作用があります。ただアルコールや麻薬などとは違って、その作用は非常に弱いです。だから大量に食べないと、ドパミンは出ません。でも、パン、ラーメン、パスタ、クッキーなどは、ほとんどが小麦でできていますので、これらの食べものをたくさん食べると、「快い感情」は得られるのです。

パンが大好き、ラーメンが大好きという人は、世の中にたくさんいます。

このうち、どれだけが、小麦の依存症なのかわかりませんが、もし、パンやラーメンを食べないとイライラして落ち着かないとか、ほかの他の食べものでは満足できない、という場合は、要注意です。これは満腹感とは別なので、たとえおなかがすいていなくても、小麦を含む食べものを食べたくなります。その結果、食べ過ぎになり、肥満につながることもあります。

一方、多くの人は食べ過ぎはよくない、肥満はよくないと考えています。そのため食べたことを後悔し、それがまたストレスになります。こうなってしまうと、悪循環にしかなりません。

小麦の8割は海外からの輸入、自給率は低い

小麦の多くは、海外からの輸入に頼っていることはご存じでしょうか。令和元年度の小麦の自給率は17%で3)、残りはアメリカ、カナダ、オーストラリアからの輸入です。国産小麦も増えてはきましたが、まだまだ少ないです。資源のない日本は海外との貿易で成り立っているので、輸入品が悪とはいいません。

また小麦の生産国はいずれも日本の同盟国なので、これらの国から輸入することも賛成です。ただ国内でお米が供給過剰気味であるにも関わらず、海外からの輸入に頼らないといけない小麦を積極的に食べる気にはあまりなれません。日本の食料自給率は38%で、先進7か国(G7)の中では断トツの最下位です。もし小麦を食べるのなら、国産小麦を食べたいと、私は思います。

ちなみに原材料欄に小麦粉(国内製造)と書いてあるのをよく見ますが、これは国産小麦ではありません。小麦はすべて穀物の状態で輸入されて、それを国内の製粉会社が粉にしています。関税の関係から小麦粉を輸入している例はほとんどないので、小麦粉は基本的に国内製造なのです。また小麦の輸入は、日本政府が一括して行い、価格を決めて製粉会社に売り渡しています。その結果、価格は安定していますが、競争原理も働きません。

小麦の奴隷になってはいけません

小麦を使った食品は、安くておいしく、しかも手軽に食べることができ、満腹感が得られるものが多いです。おいしい食べものは、人を幸せにします。でも、小麦には習慣性があることを忘れないでください。習慣性ということばを使いましたが、言い換えると軽い「依存性」です。また小麦のほとんどは、外国からの輸入であることも忘れないでください。

第二次世界大戦後、日本は食糧難でした。このときアメリカが余剰農産物として抱えていた小麦を無償で提供し、それがコッペパンとなって学校給食で使われました。これが日本でパン食が定着するきっかけになったともいわれています。これをアメリカによる食糧支配という人もいますが、そこれは間違いです。アメリカが日本の水田を破壊したわけではありません。誰に何を売ろうと、誰から買おうと、基本的に自由です。

でも、小麦の習慣性については、もう一度考えてみてください。もともとは、安くておいしいから小麦が入った食べものを食べていたのです。その結果、快い感情になるのはよいと思いますが、お腹がすいていないのに、栄養分が足りているのに、小麦が入ったものを食べるというのは、明らかにおかしい状態です。

パン屋さんのファンにはなっても、小麦の奴隷になってはいけませんよ。


参考文献
1) ScienceDaily記事、2015年7月15日
https://www.sciencedaily.com/releases/2015/07/150722144709.htm
2) ドパミン、e-ヘルスネット、厚生労働省

ドパミン

3) 令和元年度食料自給率について、農林水産省(2019)

グルテンフリー食品まとめ

小麦粉を置き換えるには、グルテンの役割をカバーするための知識や技術が必要です。メーカーさんの工夫によって製造されている、おすすめのグルテンフリー食材をカテゴリー別にご紹介!