グルテンフリーで症状が改善!実はグルテン過敏症だった

過敏性腸症候群(IBS)と診断された人の中に、非セリアックグルテン過敏症(NCGS)の人がかなりの割合で存在することがわかってきました。NCGSは小麦に含まれるグルテンなどを摂取することで、腸と腸外に症状が現れる病気です。もしNCGSなら、グルテンフリーにすることで慢性的な腹痛、下痢、腹部膨満などが解消する可能性があります。IBSで悩んでいる方は、ぜひ一度、試してみることをお勧めします。

過敏性腸症候群は10人に1人

過敏性腸症候群IBS : Irritable Bowel Syndrome)は検査で、腸に炎症、潰瘍、内分泌異常などの器質的疾患が認められないのに、

  • 急にお腹が痛くなる(腹痛
  • 急に下痢をする
  • ガスが溜まっておなかが張る(腹部膨満
  • おならが出てしまう(音が出る、臭いがする)

という症状が現れる病気です。20~30歳代の女性に多く、日本人全体でみると、10人に1人が過敏性腸症候群です1)。これは海外でも同じで、最新のデータでは人口の10~15%が過敏性腸症候群だそうです2)

過敏性腸症候群の原因はよくわかっておらず、ストレス不安腸の知覚過敏腸粘膜が弱くなる腸内細菌叢の変化が症状が現れる引き金になっていると考えられています。また過敏性腸症候群を起こしやすい食べものと起こしにくい食べものがわかってきており、食事をコントロールすることで、過敏性腸症候群の患者さんの70~86%に効果があったという研究結果も出ています3) 4)

過敏性腸症候群の症状や原因については、こちらをご覧ください。

関連記事

過敏性腸症候群(IBS : Irritable Bowel Syndrome)は、通常の検査で、腸に炎症・潰瘍・内分泌異常などが認められないにも関わらず、慢性的に腹部の膨張感や腹痛を訴えたり、下痢や便秘などの便通の異常を感じる、という症候群[…]

過敏性腸症候群を起こしやすい食べものとは、どんなものでしょうか。具体的には次の3つです。

・消化が悪いもの
・腸管壁に刺激を与えるもの
・ガスを発生しやすいもの
具体例を図に示します。ここで挙げた食べものすべてが、過敏性腸症候群のきっかけになるということではありません。個人差が大きく、人によって影響が出る場合と出ない場合があります。また、過敏性腸症候群の発症にはさまざまな要因が関係しているため、原因の特定と根本的な治療が難しくなっています。

過敏性腸症候群の一部は非セリアックグルテン過敏症

20年ほど前から欧米を中心に、非セリアックグルテン過敏症(NGCS)という病気の報告が増えるようになりました。NCGSは、小麦に含まれるグルテンなどを摂取することで、腸と腸外に症状が現れる病気のうち、小麦アレルギーとセリアック病を除いたものです。

ずいぶん回りくどい言い方ですが、まだ診断基準が確定していない、新しい病気と思って下さい。小麦を含む食べものを食べると、数時間後以降に、腹痛、下痢、腹部膨満や便通の異常が起きます5)。これは過敏性腸症候群で見られる症状と非常によく似ています。

以前から、過敏性腸症候群(IBS)と非セリアックグルテン過敏症(NCGS)は、症状が重複しているという報告が多数ありました6) 7)。またIBSと診断された人の中に、NCGSの症状を示す人、つまりグルテンを含むものを食べると、腹痛、下痢などの症状が出る人が14~30%程度存在したという研究結果もあります8)9)。そして最近は、NCGSをIBSのサブグループとして位置づけることができるのではないかとの意見まで出ています10)

整理すると、過敏性腸症候群(IBS)と診断された人の中に、非セリアックグルテン過敏症(NCGS)の人がいて、その人たちの腹痛、下痢などの原因は小麦などに含まれるグルテンなので、グルテンフリーにすれは症状はよくなる、ということです。

NCGSとNCGS以外の過敏性腸症候群の見分け方

非セリアックグルテン過敏症(NCGS)は、過敏性が腸症候群(IBS)のタイプの一つだという説明をしました。では、NCGSと、NCGS以外のIBSを見分ける方法はあるのでしょうか。

一番確実なのは、小麦、大麦、ライ麦を含む食べものを一切食べるのをやめて、胃腸症状に変化があるか自分で確認することです。つまり厳格なグルテンフリーの食生活を送ります。通常、NCGSの場合、グルテンを完全に抜く必要はありませんが、このテストの際はがんばって2週間、グルテンフリーを続けてください。この間、これまで起きていた腹痛、下痢、腹部膨満や便通の異常が改善されたら、原因は小麦だったことがはっきりします。

2週間厳密なグルテンフリーをやらなくても、もう少し簡単な方法でできないか、研究が進んでいます。それが血液中の抗グリアジンIgGという抗体の有無を調べる方法です11)。IBSの患者さんにグルンフリー食を摂ってもらったところ、一部の人だけ腹痛、下痢、便秘の症状が改善しました、改善した人は抗グリアジンIgGを持っていた人の割合が高かったことから、抗グリアジンIgGはグルテンフリーで症状が改善するIBS患者を特定するためのバイオマーカーとして使用できる可能性があるとのことです。これは11月18日に日経バイオメディカルでも取り上げられました。

類似の研究は7年前にも発表されていますが、IgG抗体は直前に成分を摂取すると体内にできるため、バイオマーカーとしての有用性は低いといわれています12)。グリアジンというのはグルテンを構成するたんぱく質ですが、検査の前にグルテンを含むものを食べていると、抗グリアジンIgGが血液中にできますし、食べていなければIgG抗体はできません。

自由診療でIgG抗体検査を勧めるクリニックもあるようですが、日本アレルギー学会、日本小児アレルギー学会や、米国や欧州のアレルギー学会では、食物アレルギーにおけるIgG抗体の診断的有用性を公式に否定していることも、付け加えておきます13)

まとめ

  • 過敏性腸症候群(IBS)は腸に器質的疾患がないのに、腹痛、下痢、腹部膨満、便通異常が起きる病気。日本人の10人に1人がかかっている。
  • ストレスや不安、腸の知覚過敏、腸粘膜の損傷、腸内細菌叢の変化などがIBSの発症に関わっているほか、IBSを起こしやすい食べものもわかっている。
  • 非セリアックグルテン過敏症(NCGS)は小麦などグルテンを含むものを食べると、腹痛、下痢、腹部膨満や便通異常といった、IBSと似た症状が起きる病気。
  • IBSと診断された人の中に、NCGSの症状を示す人が14~30%存在した。NCGSをIBSの一種として含める可能性がある。逆に、IBSと診断された人の一部は、グルテンフリーにすると症状が改善する可能性がある。
  • NCGSとNCGS以外のIBSを見分けるためには、2週間程度、厳密なグルテンフリー生活を送って、IBSの症状が改善したかどうか確認するのが最も確実。抗グリアジンIgG抗体を調べる方法も提案されている。

参考文献

1) 日本消化器病学会ガイドライン
https://www.jsge.or.jp/guideline/disease/ibs.html
2) Patel N, Shackelford K. Irritable Bowel Syndrome. In: StatPearls. Treasure Island (FL): StatPearls Publishing; July 10, 2021.
3) Altobelli E, Del Negro V, Angeletti PM, Latella G. Low-FODMAP Diet Improves Irritable Bowel Syndrome Symptoms: A Meta-Analysis. Nutrients. 2017;9(9):940. Published 2017 Aug 26. doi:10.3390/nu9090940
4) Nanayakkara WS, Skidmore PM, O’Brien L, Wilkinson TJ, Gearry RB. Efficacy of the low FODMAP diet for treating irritable bowel syndrome: the evidence to date. Clin Exp Gastroenterol. 2016;9:131-142. Published 2016 Jun 17. doi:10.2147/CEG.S86798
5) Koumbi L, Giouleme O, Vassilopoulou E. Non-Celiac Gluten Sensitivity and Irritable Bowel Disease: Looking for the Culprits. Curr Dev Nutr. 2020;4(12):nzaa176. Published 2020 Dec 31. doi:10.1093/cdn/nzaa176
6) Aziz I, Lewis NR, Hadjivassiliou M, et al. A UK study assessing the population prevalence of self-reported gluten sensitivity and referral characteristics to secondary care. Eur J Gastroenterol Hepatol. 2014;26(1):33-39. doi:10.1097/01.meg.0000435546.87251.f7
7) Volta U, Bardella MT, Calabrò A, Troncone R, Corazza GR; Study Group for Non-Celiac Gluten Sensitivity. An Italian prospective multicenter survey on patients suspected of having non-celiac gluten sensitivity. BMC Med. 2014;12:85. Published 2014 May 23. doi:10.1186/1741-7015-12-85
8) Usai-Satta P, Bassotti G, Bellini M, Oppia F, Lai M, Cabras F. Irritable Bowel Syndrome and Gluten-Related Disorders. Nutrients. 2020;12(4):1117. Published 2020 Apr 17. doi:10.3390/nu12041117
9) Barbaro MR, Cremon C, Stanghellini V, Barbara G. Recent advances in understanding non-celiac gluten sensitivity. F1000Res. 2018;7:F1000 Faculty Rev-1631. Published 2018 Oct 11. doi:10.12688/f1000research.15849.1
10) Transeth EL, Dale HF, Lied GA. Comparison of gut microbiota profile in celiac disease, non-celiac gluten sensitivity and irritable bowel syndrome: A systematic review. Turk J Gastroenterol. 2020;31(11):735-745. doi:10.5152/tjg.2020.19551
11) Pinto-Sanchez MI, Nardelli A, Borojevic R, et al. Gluten-Free Diet Reduces Symptoms, Particularly Diarrhea, in Patients With Irritable Bowel Syndrome and Antigliadin IgG. Clin Gastroenterol Hepatol. 2021;19(11):2343-2352.e8. doi:10.1016/j.cgh.2020.08.040
12) Volta U, Bardella MT, Calabrò A, Troncone R, Corazza GR; Study Group for Non-Celiac Gluten Sensitivity. An Italian prospective multicenter survey on patients suspected of having non-celiac gluten sensitivity. BMC Med. 2014;12:85. Published 2014 May 23. doi:10.1186/1741-7015-12-85
13) 日本アレルギー学会、学会見解、血中食物抗原特異的IgG抗体検査に関する注意喚起https://www.jsaweb.jp/modules/important/index.php?content_id=51

グルテンフリー食品まとめ

小麦粉を置き換えるには、グルテンの役割をカバーするための知識や技術が必要です。メーカーさんの工夫によって製造されている、おすすめのグルテンフリー食材をカテゴリー別にご紹介!