グルテンの影響をセルフチェック!非セリアックグルテン過敏症なの?

グルテンフリーを2週間試してセルフチェック

あなたの不調の原因がグルテンなのかどうか、簡単にセルフチェックすることができます。

最低2週間、できれば3週間、グルテンを抜いた食生活「グルテンフリーチャレンジ」を行い、自分の体調を注意深く観察してください

はじめるにあたって

  • 小麦アレルギー、セリアック病など、小麦が原因となる疾患と診断された、あるいはその可能性が高いといわれた人には、このチャレンジは向いていません。この記事の最後に記載している「検査」を受けることを強くお勧めします。
  • グルテンを抜くことで、体調が悪化することは考えられませんが、チャレンジの期間中に何らかの病気にかかることはあり得ます。その場合はチャレンジをいったん中止し、病気を治すための適切な対応をしてください。

グルテンフリーチャレンジで抜くべきもの・抜く必要がないもの

グルテンフリーチャレンジの期間中は、グルテンを含む食べものは一切摂らないというのが理想的です。

しかしふだんの生活の中でそれを行うのはかなりの困難を伴うので、下記のようなルールで行うことをお勧めします。

○小麦粉を使った食品は、一切食べないでください。

例えば、パン、ピザ、めん類、お好み焼き、たこ焼き、天ぷら、フライ、ホットケーキ、クッキー、ビスケット、ケーキ、ドーナツなど。ただし、原材料に小麦と記載されていない米粉パンやケーキは、食べても大丈夫です。

○ビール(ビールテイスト飲料を含む)と麦焼酎は念のため控えてください。

ビールは大麦麦芽、ホワイトビールには小麦麦芽が、麦焼酎には大麦が使われています。グルテンの量はわずかなので、影響は少ないと思いますが、チャレンジの期間中は控えてください。ウイスキーやウォッカなど、大麦を原料にした蒸留酒を含めて、ほかのお酒は飲んでも差し支えありません。

○麦芽飲料(ミロ)は念のため控えてください。

麦芽飲料の原料は大麦麦芽なので、念のため控えてください。なお麦茶は飲んでも大丈夫です。

○そばは注意してください

ほとんどのそばには小麦粉および小麦たんぱくが使われています。そば粉のみを使った十割そば以外は、食べないように注意してください。

○大麦、ライ麦、スペルト小麦も抜いてください

グルテンが入っているのは、小麦だけではありません。大麦、ライ麦にも含まれています。麦ごはんや大麦を使ったシリアルは食べないでください。また古代小麦のひとつ、スペルト小麦はグルテンが少ないという誤った情報が流れていますが、スペルト小麦に含まれるグルテンの量は、普通小麦とほぼ同じです。

○調味料はすべて大丈夫です

しょうゆ、みそ、酢は、小麦が原料として使われている場合がありますが、製造過程でたんぱく質が分解されいるので、使用して大丈夫です。和風だし、洋風だし、コンソメ、中華調味料にも小麦成分が含まれているものがありますが、調味料自体の使用量が少ないので、摂ってもかまいません。

何にグルテンが含まれていて、チャレンジ中、何を食べたらよいかわからないときには、関連記事も参考にしてください。

関連記事

食事編 グルテンは入っていない ごはん バター チーズ 玉子 納豆 豆腐 サラダ お刺身 ステーキ 焼き魚 焼肉 煮豆 おからの煮物 和え物 うな丼・うな重 ネギトロ丼・海鮮丼 フォー はるさめ[…]

スーパーマーケット

できるだけ細かく記録を取りましょう

毎日食べた物、飲んだものをできるだけ細かく記録しましょう。またちょっとした体調の変化や、排便の内容についても記録しておくと、後で役に立つことがあるかもしれません。体調の変化は、毎日悩んでいた頭痛がなかったなど、プラスの変化についても、記録しておくことをお勧めします。

いままでと体調がよくなったら、あなたの不調の原因の一部は、グルテンである可能性があります。

関連記事

グルテンとは グルテンはたんぱく質、どんな特徴があるのか グルテンは小麦、大麦、ライ麦に含まれるたんぱく質です。 グルテンに水分を加えてこねると粘り気のある状態に変わります。そのためパン粉に水を加えてこねると粘り気が出て、イースト[…]

穀物

非セリアックグルテン過敏症とアレルギーの関係

非セリアックグルテン過敏症はアレルギーとは違う

小麦が原因で起きる体調不良を、すべて小麦アレルギーと呼ぶのは間違いです。

アレルギーということばは、人によって違う解釈をしている場合があるので、確認しておきましょう。

アレルギーとは、病原菌や化学物質に対する抗体が体内にでき、抗原抗体反応が起きて、からだに過敏症状が起きることです。

過敏症状というのは、例えば目のかゆみ、鼻水・鼻づまり、じんましんや皮膚の腫れ、かゆみなどがあります。花粉症やアトピー性皮膚炎の症状を思い浮かべていただくと、わかりやすいかもしれません。国民の3人に1人かかかっている花粉症、乳児の6~32%がかかっているアトピー性皮膚炎は、代表的な即時型アレルギーです。これ以外の症状としては、悪心・嘔吐・腹痛、血圧低下、呼吸困難などがあり、ひどい場合は命に関わることがあります。

ところで、アレルギーは即時型と遅延型に分けられます。小麦、乳、卵などに対する食物アレルギー、花粉症、アトピー性皮膚炎、ぜんそくなど、一般的にアレルギーと呼ばれる病気の多くは、即時型アレルギーです。即時型アレルギーは、原因となる物質(これをアレルゲンと言います)が体の中に入ってから、数分から数時間で、過敏症状が現れます。すぐに過敏症状が現れるため、何が原因なのか、比較的わかりやすいです。

もう一つの遅延型アレルギーも、アレルギー反応には違いはないのですが、原因となる物質が体の中に入ってから、過敏症状が現れるまで1~2日程度かかります。そのため、何が原因で過敏症状が起きたのかわかりにくいことがあります。遅延型アレルギーの例として、ネックレスやピアスで皮膚がかゆくなる金属アレルギー、特定の消毒薬などでじんましんが出る薬剤アレルギーがあるほか、ウイルスが感染して免疫ができる反応や、輸血したときに血液型が不適合で起こる反応なども、含まれます。

これ以外に、もの、こと、人に対する精神的な拒否反応や苦手意識を、アレルギーという場合もあります。例えば、キュウリが嫌いな人が、「わたしって、キュウリアレルギーなんだよね」という場合、キュウリが原因で、体内でアレルギー反応が起きていることは少ないと思います。

このようにアレルギーといっても、人によって違う解釈をしていることがあります。

小麦アレルギーか、遅延型アレルギーか

ところで、小麦が原因と思われるあなたの不調は、小麦アレルギーですか、それとも、遅延型アレルギーですか。

小麦アレルギーは、小麦に含まれる微量のたんぱく質が原因で、小麦が体内に入ってから数分から数時間で、じんましん、呼吸困難、血圧低下、意識障害が起こり、最悪の場合は死に至ることもあります。ですから、小麦アレルギーの人は、誤って小麦を食べないように、日頃から細心の注意を払って生活しています。

一方、小麦やグルテンが原因の遅延型アレルギー、例えばセリアック病ノンセリアックグルテン過敏症では、小麦を誤って食べたとしても、命に関わることはまずありません。この違いは非常に重要です。

小麦アレルギーかどうかは、最終的には医師の診断に委ねることになりますが、簡易的に、小麦アレルギーか、遅延型アレルギーかを見分けることができるので、紹介します。なお、このチャートによる分類は、一般的な症例に基づいた目安です。

それぞれの病気によって食べられる範囲が違う

該当人数の目安は、欧米でのデータに基づいています。

小麦アレルギー

【該当人数の目安:250人に1人】

食事について、必ず医師の指示に従ってください。治療の一環として、小麦成分を含むものを、量を見ながら摂取させている場合があります。

(以下は一般的な原則です)

  • 小麦を含むものは避けてください。容器・包装された食品の場合、食物アレルギーの原因になりやすい7品目(特定原材料といいます)については表示の義務があり、小麦成分が含まれる場合は、かならず「小麦」と書いてあります。パッケージをみて、「小麦」と書いていないものを食べるようにしてください。
  • ただし、しょうゆ、みそに含まれる小麦成分は、発酵の過程で分解しているため、ほとんどの場合食べても差し支えないといわれています1)

※特定原材料:乳、卵、小麦、えび、かに、そば、落花生

セリアック病

【該当人数の目安:100人に1人】

グルテンフリーの基準に合致した食品を食べてください

「グルテンフリー」という表示は、もともと、セリアック病の人が食べても安全な食品という意味です。
ちなみに、グルテンフリーの表示の要件は次の通りです(アメリカの場合)。

  • 小麦、大麦、ライ麦とその交雑種(例えば、ライ小麦)を原材料として用いていないこと。
  • 上記の成分が含まれる場合は、食品1kg中のグルテンの量が20mg未満であること。

ノンセリアックグルテン過敏症

【該当人数の目安:16人に1人】

  • 小麦、大麦、ライ麦が主原料として含まれる食品は避けてください
    (例:パン、ラーメン、うどん、素麺、冷や麦、お好み焼き、ピザ、クッキー、クラッカー)
  • 調味料に含まれる小麦は量が少ないので、無理して抜く必要はありません。
  • ビール、麦焼酎に含まれるグルテンも、微量なので、無理して抜く必要はありません。

小麦の成分やグルテンが入っているかどうか、よりも、トータルで摂取した量がどれくらいなのかで、判断したほうがよいと考えます

note(ノート)

こんにちは。 お腹の調子が悪かったり、ニキビ・吹き出物が治らなかったけれど、いろいろ調べて小麦を食べるのをやめたら症状…

小麦・グルテンの影響を知るための検査

小麦やグルテンが、体にどのような影響を与えているのか、検査によって知ることができます。

さまざまな検査がありますので、目的にあった検査を受けてください。検査の中には、キットを購入して自宅で血液や唾液を採取し、検査会社へ送ることで、結果が出るものもあります。検査をすれば、何らかの結果(数値)が得られますが、その数値が正しいかどうか、またその結果から何が言えるのかについては、よく考える必要があります。できれば、医師の指導のもとで、必要な検査を受けることをお勧めします。

小麦アレルギーかどうか確認するための検査

IgE抗体検査(血液検査)

小麦アレルギーは、小麦に含まれるたんぱく質が体の中に入ると、それを排除するためにIgEという抗体が生産され、それが炎症性メディエーターを放出させることで、数分から数時間以内に、腹痛・下痢、じんましん・湿疹や、呼吸困難や意識障害の症状があらわれます。

血液中の小麦に対するIgE抗体の量を調べることで、小麦アレルギーかどうか知ることができます。小麦を異物と認識する人は、小麦に対するIgE抗体の量が多いからです。ただ、小麦に対するIgE抗体の量が多いからといって、必ず小麦アレルギーというわけではありません

皮膚プリック検査

アレルギーの原因物質を皮膚から入れて、膨疹(皮膚の腫れ)ができるかどうか調べます。

この方法は、食品以外の、ゴムや薬品などにも適用できます。検査は比較的簡単で、前腕の内側に原因物質と思われるもののエキスを垂らし、その上から専用の針で皮膚を刺して、エキスを皮膚の中に入れます。15分後に、現れた膨疹の径を測定することで、即時型アレルギーの有無を調べます

食物経口負荷試験

小麦を実際に食べてみて、どのような症状が出るかを調べる検査です最も信頼できる結果が出るといわれています。必ず専門医の指導のもとで行ってください

セリアック病かどうか確認するための検査

血清学的検査(血液検査)

血液中にセリアック病によく見られる3つの特異的抗体(通常はIgA抗体)があるかどうか、確認します

具体的には抗組織トランスグルタミナーゼ(tTG)抗体、筋内膜抗体(EMA)、脱アミド化グリアジンペプチド(DGP)抗体の3つを調べます。

遺伝子検査

血液中の白血球の型を調べます、赤血球に、A型、B型、AB型、O型といった血液型があるのと同様、白血球にも血液型があります。

セリアック病の患者さんは、白血球抗原(HLA)に、必ずDQ2もしくはDQ8という型を持つことがわかっていますので、その有無を調べます。この検査は、セリアック病と、ノンセリアックグルテン過敏症(NCGS)の判別にも用いられます。

内視鏡検査

小型のカメラを備えた長いチューブを口から小腸の上部まで入れて観察するとともに、十二指腸下降脚のから小さな組織サンプルを採取し(これを生検といいます)、細胞壁の絨毛が損傷していないか調べます

ノンセリアックグルテン過敏症(NCGS)かどうか確認するための検査

NCGSは、セリアック病や小麦アレルギーがない場合に、グルテンの摂取が胃腸および腸外の症状を誘発する状態として仮に定義されています1)

またNCGSにはいまのところ確定診断の基準がありません。医師によって、さまざまな検査が行われているようです。

ペプチド検査

小麦などに含まれるたんぱく質であるグルテンが分解されてできるペプチドの一つであるグリアドルフィンと、乳たんぱく質であるカゼインが分解されてできるペプチドの一つであるカソモルフィンの尿中の濃度測定することで、グルテン、カゼインの分解能力に問題がないか、また小腸細胞のバリア機能が低下していないか、現在現れている臨床症状が、グルテンやカゼインと関係があるか、について確認する検査です

IgG抗体検査(血液検査)

体内に侵入した異物に結合し、異物を除去するために働くのが抗体です。小麦アレルギーのような即時型アレルギー反応では、IgEという抗体が働きますが、NCGSのように、症状があらわれるまでに時間を要する遅延型アレルギー反応では、IgG抗体が働きます。

したがって、ある特定の物質に対するIgG抗体が、血液中にどのくらいあるか調べることで、その物質を異物と認識しているかどうかの目安になるといわれています2)

一方で、IgG抗体は健康な人にも存在し、IgG抗体のレベルは食物の摂取量に比例するだけなので米国、欧州のアレルギー学会や日本アレルギー学会では、診断的有用性はないといっています。

note(ノート)

小麦アレルギーの確認方法 IgE抗体検査(血液検査) 即時型アレルギーは、アレルゲンとなるたんぱ…


1) 厚生労働科学研究班、食物アレルギーの栄養食事指導の手引き2017(2017)
2) 〔学会見解〕血中食物抗原特異的IgG抗体検査に関する注意喚起

グルテンフリー食品まとめ

小麦粉を置き換えるには、グルテンの役割をカバーするための知識や技術が必要です。メーカーさんの工夫によって製造されている、おすすめのグルテンフリー食材をカテゴリー別にご紹介!