大谷翔平選手の成績を支えるグルテンフリー?食事のために受けた検査とは

MLBのロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手の活躍は、コロナ禍において人々に希望の光を与えてくれますね。

先日のオールスターゲームで、両チームの選手達から握手やサインを求められる姿が報道されていて、「二刀流」で結果を出すことがいかに難しく、リスペクトを集めることなのだと改めて実感しました。

そんな大谷選手が、今日も万全なコンディションでいられるように、日本からひっそりこっそり祈ろうと思います(届け元気玉!)。

大谷翔平選手はグルテンフリー実践者!?

筆者がグルテンフリーを知り、実践するようになったのは、プロテニスプレーヤーのノバク・ジョコビッチ選手の本がきっかけのひとつです。

プロスポーツ選手でグルテンフリーをしている人は少なくないようで、日本のプロ野球界でもオフシーズンになると、「○○選手がグルテンフリーで食事を改善」というニュースをしばしば見かけます。

ネットの記事で紹介されていた限り、

  • 巨人 菅野 智之 選手
  • 巨人 古川 侑利 選手
  • 広島 菊池 涼介 選手
  • 日本ハム 谷口 雄也 選手
  • 楽天 池田 隆英 選手

などがグルテンフリーを取り入れているそうです。

そんななか、今シーズン前半戦に大谷選手がホームランを量産し始めたころ、「シーズン前に血液検査を受けて、自身の体に合わない卵とグルテンも摂らないことにした」との記事を見かけるようになりました。

あの大活躍のうらに、グルテンフリーあり!なんだか嬉しくなってしまいます。ふふふ。

大谷翔平選手が受けた血液検査って何だろう?

ところで、自身の体に合わない食材を調べる検査って何のことでしょう?

ちょっと当サイトを管理している薬剤師のHirataにきいてみました。

Hirata

大谷翔平選手は今シーズン前に血液検査を受けて、グルテンフリーに加えて、「卵」も抜くことにしたそうです。

この血液検査というのは、おそらく「IgE抗体検査」ではないかと思われます。この検査は、特定の食物成分に対して、体の中に抗体ができているかどうかを調べるものです。もし、あなたのからだが卵の成分を、自分にとって「異物」、すなわち排除すべき対象物と判断するならば、体内に卵に対するIgE抗体ができます。卵を異物と判断しなければ、卵に対するIgE抗体はできません。

ある食物成分を自分にとっての「異物」と判断しているということは、その食物成分があなたのからだに何らかの危害を与えている可能性もあります。危害といってもいろいろあり、症状が軽い場合もたくさんあります。

いちばんわかりやすい症状は、腹痛、腹部膨満感、下痢、便秘など、消化器系で見られるものです。集中力を必要とするスポーツ選手でこのようなことが起きると、パフォーマンス低下につながります。IgE抗体検査で、卵に対するIgE抗体の存在がわかったため、卵の摂取を控えるということは、十分考えられます。

なおグルテンに関する検査については、関連記事に説明がありますので、よかったら見てください。

関連記事

グルテンフリーを2週間試してセルフチェック あなたの不調の原因がグルテンなのかどうか、簡単にセルフチェックすることができます。 最低2週間、できれば3週間、グルテンを抜いた食生活「グルテンフリーチャレンジ」を行い、自分の体調を注意深[…]

プロスポーツ選手がグルテンフリーにするのはなぜ?パフォーマンスはあがるの?

体が資本のプロスポーツ選手にとって食事が大切なのはよくわかるのですが、お肉やプロテインで筋力アップするのと違って、グルテンフリーでパフォーマンスがあがるのは、いまいちイメージしにくいですよね。

もちろん筆者はグルテンフリーにすることによって、長年の不調から解放されたので、日常生活の質があがるのは実感しているのですが…。

これもどのような理由が考えられるか、きいてみましょう!

Hirata

プロスポーツ選手でグルテンフリーの食事を摂っている人は多いのですが、その理由は胃腸への負担の軽減です。

グルテンはもともと消化・吸収が悪いため、グルテンが入った食べものを大量に食べると、胃腸に負担がかかります。腸に長い時間とどまり続け、腸内細菌に分解されてガスが発生したり、腹痛や下痢を引き起こすこともあります。

さらに脳と腸は密接に関係しているため、お腹の不調がストレスを呼び、最高のパフォーマンスを発揮できません。

なるほど!プロスポーツ選手はわたしたちよりさらに精密に体調を管理しているので、グルテンフリーの効果も大きいのかもしれませんね。

スポーツ界ではさらに低FODMAPに移行している?

最後に、グルテンフリーに関する海外の研究を論文などでウォッチしているHirataが低FODMAPについても教えてくれました。

なんでも、胃腸に負担をかける食材は小麦だけではないので、海外のスポーツ界では低FODMAPに移行する傾向もみられるとか。

Hirata

プロスポーツ選手でグルテンフリーの食事を摂っている人は多いのですが、最近は低FODMAPの食事に移行する傾向があるといわれています。

小麦を使った食品は高FODMAP食なので、低FODMAPの食事にすることで、小麦が含まれる食品に加えて、胃腸に負担になるFODMAP成分まで、摂らないようになります。その結果、胃腸に負担をかけ、腹痛、腹部膨満、下痢を起こすリスクを、かなりの確率で減らすことができます。

最高のパフォーマンスを求められるプロスポーツ選手にとって、自分のからだをつねに最高の状態に保っておくためには、胃腸に負担をかけるものは、食べないというが、正しい選択肢なのです。

関連記事

プロのアスリートは最高のパフォーマンスを発揮するために、ふだんの食事に気を配っています。ですから、オリンピックの選手村でどのような食事が提供されているか、とても興味がありますね。 選手のSNSなどによりますと、アジア、ハラール、グルテンフ[…]

大谷選手の好物はもともとクレープなのだとか!クレープだったら、グルテンの力をかりて膨らませたりする必要もないし、むしろ米粉でもちもちのおいしいグルテンフリークレープができますよ!

好きなものを食べながら、今後も無理せず故障ぜす、試合に出て勇気を届けてほしいですね。

グルテンフリー食品まとめ

小麦粉を置き換えるには、グルテンの役割をカバーするための知識や技術が必要です。メーカーさんの工夫によって製造されている、おすすめのグルテンフリー食材をカテゴリー別にご紹介!