ニキビ、吹き出物、肌荒れの原因とグルテンの影響

ニキビは皮脂が毛穴に詰まった状態

皮脂の分泌が増えたり、皮膚のターンオーバーが乱れると、毛穴が皮脂で詰まってしまいます。

これが白ニキビや黒ニキビといわれるもので、正式には面ぽうまたはコメドといいます。白ニキビは毛穴が詰まっているだけなので、痛みやかゆみはありません。白ニキビを悪化させないためには、洗顔で皮膚を清潔に保つことが重要です。なお白ニキビを治療するためには、毛穴をふさいでいる角質をはがすお薬が使われます。

炎症が起きると吹き出物に

白ニキビを放置していると、皮脂をエサにする細菌が異常繁殖して、皮膚で炎症反応が起きて、赤くなったり、かゆみを感じたりします。これが吹き出物で、赤ニキビ、黄ニキビといわれることもあります。

皮膚にはもともとアクネ菌という菌がいます。アクネ菌は肌のpHを弱酸性に維持して、ほかの菌が繁殖しないようにしてます。私たちにとって必要な菌なんですね。でもアクネ菌は、皮脂がたくさんあると、皮脂をエサにしてこれを分解し、遊離脂肪酸という物質を作ることがあります。遊離脂肪酸が毛穴を刺激し、発赤やかゆみの原因になるのです。吹き出物を治すには、菌の増殖を抑えるとともに、炎症反応を抑えるお薬が使われます。

肌荒れの原因は乾燥、古い角質、毒素

肌荒れは、皮膚が乾燥する、皮膚のターンオーバーの乱れで古くなった角質層が蓄積する、皮膚から毒素が分泌される、などが原因で起きます。

肌荒れと一口に言っても、人によって症状が全く違います。またニキビや吹き出物のように、症状がはっきりしていれば、お薬で治療することもできるのですが、肌荒れの症状も人によって異なるので、対応が難しいのです。その結果、一部で、効果の怪しい健康食品、医薬部外品、化粧品も出回っているようです。

ニキビ、吹き出物、肌荒れの原因はさまざま

ニキビ、吹き出物、肌荒れの原因を整理してみました。

たくさんありすぎて、見づらくなりましたが、年齢、体質、生活環境によって、原因は異なります。どの可能性が高いか考えてみてください。そしてそれを取り除いてみて、変化があるかどうか、ご自身で確認してみてください。肌の悩みのない女性なんて、ほとんどいません。

お薬の服用やスキンケアももちろん大切ですが、根本的な原因にも目を向けてほしいのです。食べ過ぎ、睡眠不足、ストレスや、辛い食べ物、糖分・脂質の多い食事は、ある程度避けることができるはずです。またこのサイトで取り上げている小腸粘膜の損傷も、グルテンに弱い体質の方がグルテンを摂らないことによって、ある程度防ぐことができます。もしお肌の状態に変化が見られたら、お薬の服用やスキンケアの方法も変えてください。そのとき、自分の判断だけで変えず、必ず専門家に相談してくださいね。

グルテンフリー食品まとめ

小麦粉を置き換えるには、グルテンの役割をカバーするための知識や技術が必要です。メーカーさんの工夫によって製造されている、おすすめのグルテンフリー食材をカテゴリー別にご紹介!