ハードセルツァーはビールより人気!? どこで売ってるの?

ハードセルツァーアルコール入りの炭酸飲料で、2018年ごろからアメリカで急に人気が出ました

低カロリー、低糖類、低アルコール度数が特徴で、日本でも今年に入ってから、オリオンビール、コカ・コーラ、サッポロビールが新商品を発売しています。

アメリカではグルテンフリーと表示されています。ただ、ハードセルツァーは日本の低糖質のチューハイと原材料も成分もほとんど同じです。

今後、日本も人気が出るのでしょうか。

ハードセルツァーとは

ハードセルツァーとは、アルコール入り炭酸飲料のことです。

英語でセルツァー(seltzer)とは炭酸水のことで、これにハード(hard:アルコール分の多い)がついたものは、アルコール入りになります。

アメリカで2018年頃から人気になり、たくさんの新商品が発売され、あっという間に売り上げが伸びました。調査会社スタティスタの推計では、米国のハードセルツァー市場は2018年の4億9,600万ドル(=544億円)規模から、2020年には41億4,000万ドル(=4,541億円)へと急伸しているそうです1)

ハードセルツァーはサトウキビが原料

  1. カロリーが低い
  2. 糖類が少ない
  3. アルコール度数は5%程度
  4. 果物などのフレーバーが使われる

の4つが特徴です。ただし明確な定義はありません。

ハードセルツァーで使われているお酒は、サトウキビの糖分を発酵・蒸留したもので、日本でホワイトリカーとして売られているものとほぼ同じです。

ハードセルツァーとチューハイの違いはあるの?

ハードセルツァーとチューハイは別物、という記事がネット上に載っていますが、明らかに間違いです。ちなみにこの記事は、輸入ハードセルツァーの販売サイトを紹介していました。

原材料

ハードセルツァー

サトウキビまたは大麦麦芽を原料とする蒸留酒。

チューハイ

  • 焼酎甲類(ホワイトリカー) … サトウキビ、大麦、米、トウモロコシを発酵し連続式蒸留機で蒸留したもの。雑味や不純物がほとんどない。
  • ウォッカ … ライ麦、小麦、大麦、ジャガイモを発酵して蒸留し、白樺の炭で濾過して作る。雑味や不純物がほとんどない。

ハードセルツァーもチューハイも、蒸留酒を使っているという点では、差はありません。

カロリーと糖類

ハードセルツァー

カロリーは1本(12oz=355ml)あたり100kcal程度
糖類が少ない

チューハイ※

カロリーは1本(350ml)あたり91kcal
糖類0g  「キリン 氷結®無糖 レモン Alc.4%」の場合

アルコール度数

ハードセルツァー

5%程度

チューハイ

4%   「キリン 氷結®無糖 レモン Alc.4%」の場合

果物などのフレーバー

ハードセルツァー

ぶどう、ラズベリー、ライム、

チューハイ

レモン、グレープフルーツ、みかん、もも、ふどう、パイナップルなど

ハードセルツァーの人気の理由

ハードセルツァーは、健康意識の高まりで、アルコール分、糖類、カロリーが低い飲みものを求めるニーズに、うまく合致したことが人気の理由と考えられます。

アメリカには日本のチューハイに似たアルコール飲料はありますが、糖分が多く、カロリーが高いことが多いです。

アメリカではワイン、ウイスキーなどアルコール度数の高いお酒と、ビールのようなアルコール度数の低いお酒は、別々に売られています。ハードセルツァーはビールと同じ扱いのため、手軽に購入することができ、これまでビールを飲んでいた人が、ハードセルツァーに変えたといわれています。

またビールは2020年のFDAのルール変更で、グルテンフリーの表示ができなくなりましたが、原料に小麦や大麦を使っていないハードセルツァーは、グルテンフリーであることも関係していると思われます。

アメリカで売られているハードセルツァーには「グルテンフリー」の表示があります(大麦麦芽から製造されたものを除く)。

関連記事

2020年8月12日、アメリカ食品医薬品局(FDA)から一通のニュースリリースが出ました。 FDAとは日本の厚生労働省と消費者庁の仕事のうち、医薬品と食品に関する部分を統括している役所です。ビール、酢、チーズ、ヨーグルトなどの発酵食品[…]

日本でもハードセルツァーが発売

オリオンビール DOSEE(ドゥーシー)

「アルコール度数が低めのお酒を選びたい」「カロリーや糖質が低いお酒を選びたい」という需要が高い若年層の消費者に向けて、2021年3月23日に発売された、国産初のハードセルツァーです。

低アルコール、低カロリー、糖質ゼロ、グルテンフリーを前面に出しています。アルコール度数は2%と低め。

グレープフルーツ、シークヮーサー、アセロラ、パイナップル(パイナップルは夏限定)の4種類があります。ブランド名の「DOSEE(ドゥーシー)」とは、沖縄方言の「どぅし」(友達)を語源としており、気の合う友達とにぎやかに楽しく飲んでいただくことをイメージしてネーミングしたとのことです。

参考小売価格はオープン価格とのことですが、同社直販サイトでの1ケース購入した場合の価格は、250ml缶入りで1本あたり221円(税込)です。沖縄県と関東地区の量販店で先行販売しているそうです。

DOSEEグレープフルーツの原材料名と栄養成分は次の通りです。

さとうきび醸造アルコール(国内製造)、グレープフルーツ果汁、月桃エキス、グレープフルーツエキス/炭酸、香料、酸味料、ビタミンC
アルコール分:2%
エネルギー13kcal、たんぱく質0g、脂質0g、炭水化物0g(糖類:0.0g)、食塩相当量:0~0.1g

サッポロ WATER SOUR

「甘くない。強くない。今までにない。まるで炭酸水なお酒。」というキャッチフレーズで8月24日から発売を開始しました。

アルコール度数は3%、カロリーは1本(350ml)あたり67kcalです。

この商品の原料は、サトウキビを原料とする蒸留酒ではなく、ウォッカです。フレーバーはレモンとオレンジの2種類で、350ml缶のみ。参考小売価格155円(税込)ですが、大手スーパーで105円(税込)で販売されていました。

WATER SOUR レモンの原材料名と栄養成分は次の通りです。

レモン果汁、ウォッカ(国内製造)
/炭酸、香料、酸味料、乳酸Ca、酸化防止剤(ビタミンC)
アルコール分:3%
エネルギー19kcal、たんぱく質0g、脂質0g、炭水化物0.1g(糖質0.1g、食物繊維0~0.1g)、食塩相当量0.01g

コカ・コーラ トポチコハードセルツァー

トポチコ ハードセルツァーは、コカ・コーラ社から世界に向けて誕生したアルコール初のグローバルブランドです。

125年の歴史を持つメキシコ生まれのスパークリングウォーターブランド「トポチコ」から登場した「ハードセルツァー」で、2020年9月の南米を皮切りに、米国、オーストラリア、英国、フランス、スペインなどで発売されています。

同社では2021年7月15日から大阪のミナミエリアのカフェやレストラン、イベント会場で限定販売を開始しています。

種類はアサイーグレープ、タンジ―レモンライム、パイナップルツイストの3種類。アルコール度数は5%です。海外と同じ355ml 缶入りで、メーカー希望小売価格は165円(税込)です。

トポチコ ハードセルツァー アサイーグレープの原材料名と栄養成分は次の通りです。

スピリッツ(国内製造)、砂糖/香料、炭酸、酸味料、塩化マグネシウム、塩化カリウム
アルコール分:5%
エネルギー31kcal、たんぱく質0g、脂質0g、炭水化物0.7g(糖類0.5g)、食塩相当量0g

ハードセルツァーブームはアメリカでは終わったらしい

オリオンビールもサッポロビールも、ニュースリリースには、アメリカで人気が高まっていると書いていますが、Bloombergに2021年7月21日付で、「ハードセルツァーに対するアメリカの嗜好が突然衰え始めている」という記事が掲載されました。

アメリカでのハードセルツァーの販売量は、2018年に246%のピーク成長を遂げた後は減速しており、2021年7月11日までの1年間の成長率は49%になったそうです。現在、ハードセルツァーの売上は劇的に減速しており、特にBoston Beer Co.が「ハードセルツァー分野の成長を過大評価した」と発表したことで、同社の株価は1日で25%も値下がりしました。

この市場ではまた成長が続くと予想していた人も多く、一部のメーカーは撤退を表明するなど、混乱が始まっているようです。

減速の理由は、市場の飽和とすぐに飲めるカクテルやその他の新しい缶入り飲料との競争に直面した結果だそうです。

日本のハードセルツァーはまだ発売が始まってから半年も経っていませんが、すでに発売されているチューハイの名前を変えただけ、というのが明らかになると、ブームが来ないうちに、消えていく可能性もあります。

まとめ

  • ハードセルツァーアルコール入り炭酸飲料で、アメリカで2018年頃から人気になり、たくさんの新商品が発売され、市場が急拡大した。
  • カロリーが低い、糖類が少ない、アルコール度数は5%程度と低い、果物などのフレーバーが使われるの4つが特徴だが、明確な定義はない。サトウキビの糖分を発酵・蒸留したお酒が使われることが多い。
  • ハードセルツァーは、日本のチューハイと、原料、カロリー、糖類、アルコール度数がほとんど同じ
  • 人気の理由としては、健康意識の高まりで、アルコール分、糖類、カロリーが低い飲みものを求めるニーズに合致したことや、同じくらいのアルコール度数であるビールが、グルテンフリーと表示できなくなったこともある。
  • 日本では、オリオンビール、コカ・コーラ、サッポロビールから、ハードセルツァーが発売されている。
  • アメリカではハードセルツァーの市場拡大は鈍化しており、撤退をする企業も出ている。

参考文献
1)  Statista ウェブサイト、Hard seltzer market- Statistics & Facts
https://www.statista.com/topics/7821/hard-seltzer/

グルテンフリー食品まとめ

小麦粉を置き換えるには、グルテンの役割をカバーするための知識や技術が必要です。メーカーさんの工夫によって製造されている、おすすめのグルテンフリー食材をカテゴリー別にご紹介!